簿記検定・資格取得のための通信講座|スクールガイド

簿記の資格について

簿記の資格には、大きく分けて下記の3種類があります。
・日商簿記
・全商簿記
・全経簿記

通常、簿記の資格と呼ばれているのは、日商簿記の事を指していることが多く、3種類の中では認知度も難易度も高いです。
資格として有利になってくるのは、実務レベルの知識が必要な簿記2級からと言われておりますが、初めての方はやはり3級をしっかりマスターしてからステップアップした方がいいと思います。

簿記の資格は大学の推薦入学に有利とも言われていますし、簿記2級以上であれば就職活動でも大きなアピールポイントになります。

会社の経理・財務部門で働くのを希望している方には必要な資格ですし、将来税理士や会計士を目指している方には必須の資格です。
因みに、簿記1級の試験に合格すると、税理士試験の受験資格を得ることが出来ます。


通信講座資格

簿記の検定資格取得で役立つこと

簿記の勉強が必要なのは、何も経理や財務の仕事をする人だけではありません。全てのビジネスの基礎となっている知識であり、企業活動・事業の将来性から強いては経済の仕組みまで理解できるようになります。

簿記を学び貸借対照表や損益計算書を理解することで、企業の会計知識・経営状態を把握できるようになり、組織や会社の運営を数字で判断できる力が身に付きます。

・利益率も上げ営業成績も上げたい営業担当者

・運営効率を上げたい工場責任者

・コスト管理を徹底して会社の利益に貢献したい管理職

・より良い取引関係を続ける為にも取引先の経営状態を把握していたい営業責任者

・会社の中でステップアップしていきたい人

・自分で独立して会社を運営するという夢を持っている人

・公認会計士や税理士等の国家資格を目指している人

・自分自身で資産運用を図りたい人

・個人事業主で自分自身で税務申告を行いたい人

などビジネスに関わる人全ての人に、数字から読み取る経営管理・経営分析の能力は必須のスキルなので、これからビジネス社会で活躍するには最低限必要な資格とも言えるでしょう。


通信講座資格

簿記検定・資格@通信講座|スクール情報メニュー


その他お勧め資格&総合通信講座情報


行政書士・資格ガイド 司法書士・資格ガイド カラーコーディネート・資格ガイド
中小企業診断士・資格ガイド 社会保険労務士・資格ガイド FP(ファイナンシャルプランナー)・資格ガイド
証券外務員二種・資格ガイド 宅建取引主任者・資格ガイド マンション管理士・資格ガイド
管理業務主任者・資格ガイド 医療事務・資格ガイド 調剤薬局事務・資格ガイド
歯科助手・資格ガイド 介護事務・資格ガイド ケアマネージャー・資格ガイド
福祉住環境コーディネーター・資格ガイド インテリアコーディネーター・資格ガイド 気象予報士・資格ガイド
旅行業務取扱管理者・資格ガイド 通関士・資格ガイド 二級ボイラー技士・資格ガイド
第二種電気工事士・資格ガイド 電験三種・資格ガイド 危険物取扱者・資格ガイド
ボールペン字検定・ガイド 資格取得@通信講座・スクールガイド